ブライトホワイトで、すばらしく健康的な笑顔に!
人と初めて会ったとき、まず目につくのはその人の笑顔です。
輝く自然な美しい笑顔は皆の注目の的。
しかし、年とともに歯の白さは失われていきます。また喫煙やコーヒー、紅茶、ワインなどを飲むことによって歯にステインが付いてしまいます。
一番きれいな笑顔を取り戻すためにも是非ホワイトニングを。
ASAの科学者Dr.John Warnerが開発したアメリカで大人気の "今最も効果のある 歯のホワイトニング"

冷却機構で発熱を抑えたプラズマライトを歯全体に一度に当てることにより、1日でホワイトニングが完了するため、面倒なホームホワイトニングを併用 する必要がなく、食事制限も1回ですみます。
ハリウッドの俳優や日本のタレントも多く利用されています。

レーザーホワイトニングや、ルマホワイトニング、ズームアドバンスなど今までのホワイトニングで ご満足されなかった方、是非お試しください。
きっと、ご満足いただけると思います。

1回約1時間で平均8~10段階くらい歯を白くすることができます。
ブライトホワイトとは
ブライトホワイトは、最新の歯のホワイトニングをおこなうシステムです。

ニューヨーク、サンフランシスコ、ビバリーヒルズ、ハワイをはじめ、全米各地にサロンを開設しており、日本では、2000年より指定歯科医院においてホワイトニングを受けられます。
当院では、一早くこのシステムを導入しております。

ブライトホワイトは1日約1時間でカラーガイド8~10段階白くできる画期的な方法です。
この方法はNASAの科学者により、1999年に実用化され、20以上の特許を取得しました。
それまでは1歯ずつ光を当てるアルゴンレーザーやハロゲンライトを使用したホワイトニングが主流でしたが、歯全体に一度にプラズマライトが当たるように設計された、世界で初めてのホワイトニングシステムです。
その後、ブライトホワイトのシステムを模倣したいくつかの機械が発売されていますが、いまだにブライトホワイトの効果以上のホワイトニングシステムは出ていません。
ではなぜこの方法が効果的なのでしょうか。


ブライトホワイトの効果の秘密 その1

当院は最新歯科レーザー 「ウォーター・レーズ iPlus」を導入いたしました。

iPlusは、コンピューター制御により治療を行う為、安全性が高く、再現性も優れています。

痛みの少ない、さまざまな歯科治療を行っております。
これは、多くの方々に快適で満足していただける新しい治療法です。



  

ブライトホワイトの効果の秘密 その2

~特許取得のマルチアーチ~
ブライトホワイトのアーチ型の照射口は、独自の曲線と、上下それぞれに前歯、右奥歯、左奥歯の3か所、合計6か所から光が出て、上下の奥歯にも均一に光が当たるように設計されています(照射口が1か所のみの場合、中心部(前歯)が一番光が強く、両端(奥歯)に行くにしたがい、光は弱くなります。

奥歯まで光が当たるように設計されているホワイトニングシステムはブライトホワイトだけです。
本体にある大きなプラズマライトを2灯同時に稼動させ、フィルターにより有害な紫外線部分をカットした後、特殊なファイバーを通して上下の歯に20分間連続で、この照射口から光を送ります。
これにより、笑ったときに見える全ての歯を一度に白くすることができるのです。



ブライトホワイトの効果の秘密 その3

ニューヨーク大学の研究員がブライトホワイトのために開発した、 特許のフォトイニシエーターを配合したホワイトニングジェルブライトホワイトに使用するホワイトニングジェルは、ニューヨーク大学の研究員によって開発されました。

このジェルはブライトホワイトのガスプラズマライトから出る特殊な波長に、効率よく反応する特許のフォトイニシエーター(光反応促進剤)が配合されています。
これによって通常ホワイトニングに使用される薬剤の半分以下の15%という低い濃度でも、最大の効果を発揮することができるのです。
エナメル質の薄い日本人でも安心してお受けいただけます



ブライトホワイトの効果の秘密 その4

~ホワイトニング剤のpH調整~
多くのホワイトニング剤は保存性を高めるために通常、酸性にしています。
しかし、ホワイトニングの効果を最大限に発揮させるためには、ジェルをアルカリ性にし、活性させることが必要です。

ブライトホワイトのジェルは、特許のデュアルバレル・シリンジ(ダブルシリンジ)によって、歯に塗布する直前に自動的にpH調整剤が混和され、塗布する際にアルカリ性にしています。
ブライトホワイトのジェルは、常に新鮮に保存されたホワイトニング剤を施術の直前に活性化させて、ホワイトニング最大の効果を発揮する最適なpHにしています。



ブライトホワイトの効果の秘密 その5

~大きなクーリング機構
通常、プラズマライトはそれ単独では発熱してしまうため、連続で長時間稼動させることができません。
ブライトホワイトの本体には、プラズマライトを冷却するための大きなクーリング装置が付いています。
この冷却装置によって、通常は一度に数秒間しか出すことのできないプラズマライトを、20分間も連続して稼動させることができ、1時間で白くすることができるのです。
ブライトホワイトの機械は大きくて大変重いのですが、これはこの大掛かりな装置のためで、ホワイトニングの効果を上げるために必要不可欠な装置といえます。
このクーリング機構のため、ライトで発生した熱はほとんどがカットされます。
施術中は若干暖かく感じますが、歯に影響があるような温度になることはありません。



ブライトホワイトの効果の秘密 その6

~コンピューターによるライトの制御~
ブライトホワイトは1回の施術ごとにキャリブレーションという光の調整を行います。
これは毎回、安定して最大の効果を引き出す光の波長と強さを調整するもので、コンピューターによって制御されています。
これによってホワイトニングの効果を最大限に引き出せるのです。ホワイトニング用の機械で、コンピューターによって調整する機構を持ったものは他にありません。



ブライトホワイトの効果の秘密 その7

~アメリカのNO.1ホワイトニングカンパニー~
ブライトホワイトは従来、ホワイトニング用のレーザーを開発、販売していた会社が、NASAの科学者の協力によって、画期的なホワイトニングシステムを開発したシステムです。

その後、アメリカNO.1のホワイトニングカンパニーに引き継がれました。

ブライトホワイト料金
¥60,000(税別)(20~24本) 1歯あたり¥3,000

※類似のシステムが出ていますが、ブライトホワイト の効果は、特許を取得した技術で
世界中で認められています


ブライトホワイトプロ(より白く)
今、結婚式をお控えの方のホワイトニングが増えています。
その理由は、お式当日に着るウェディングドレスや白無垢が、純白のため、歯の黄色が目立ってしまうから。
特に和装の場合、オシロイを塗ると歯が黄色く見えてしまいます。
また最近では、お式の前にエステでお肌を白くされる方も多くなってきていますので、歯もホワイトニングしておけば、楽しい結婚式で思いっきり笑えます。
記念のお写真も楽しみですよね
!
!
ブライトホワイト・プロ料金
¥70,000(税別)(20~24本)
より、白く輝く歯に!!

 リタッチ・ホワイトニングとは
 ホワイトニング施術後、半年から1年ごとにホワイトニングを行います。
行う事でホワイトニング効果が持続します。
¥40,000(税別)

TEETHART(ティースアート) アクセスホワイトプラス(歯磨き) 80g \1,550(税別)
日本にいち早くホワイトングを紹介し、ホワイトニングを認知度を高めてきた椿智之プロデュースの自信作。
椿氏が長年積み上げてきた経験と
研究を踏まえて開発されたこの歯磨きは、
「歯を白くしたい!」
という人のための歯磨きで、
歯についた色素を科学的に除去。
研磨剤があまり入ってなくても、歯を白くする効果があります。

アクセスホワイトにポリリン酸ナトリウム(安定剤)を配合した「アクセスホワイトプラス」。
優れた歯のホワイトニング効果で、
ワンランク上の歯の美白ケア
を。




○歯のホワイトニング・・・・・歯を磨いて白くします。
○石油系海綿活性剤フリー・・・お食事前にもご使用頂けます。
○歯にやさしい低研磨タイプ・・電動歯ブラシにもお使い頂けます。
○フッ化ナトリウム配合・・・・有効成分フッ素により虫歯を予防します。
○歯のホワイトニングに効果的なアルカリ性・・スティン除去にも有効。
                              歯のホワイトニング前後にご使用頂けます。
○ローズミント・ハーブフレーバー・・・・・爽やかな香りがお口の中に広がります。






★審美歯科の「当院症例集」はこちらからご覧下さい。

  画期的な改善例が画像比較で確認できます。







ホワイトニング・審美歯科/当院症例】

ホワイトニング後、樹脂の差し歯を歯肉整形して
セラミック冠にした症例






日本歯科審美学会では、 特にホワイトニングに関連するプログラムについて、歯科衛生士として適切なアドバイスのできる人材の養成を行うものです。
多くのコーディネーターが活躍することにより、ホワイトニングの正しい情報の普及と、より多くの人々にホワイトニングの喜びを享受していただくことを目的としています。
←このバッチを付けています。


当院の歯科衛生士は日本歯科審美学会認定の
「ホワイトニング・コーディネーター」の資格を取得しました。
 
Copyright (C) 2005 Matsumaru・shika・kyoseishika・clinic. All Rights Reserved.