【先生の所見】

反対咬合(受け口)をセラミック冠を利用して正常咬合にする症例:
向かって右側の歯頚部歯肉を左側に合わせるように整形し、切端咬合ぎみの正常咬合にする。





























New

【先生の所見】

上下前歯部正から左側にかけての交叉咬合を治すも目的で上顎5本、下顎5本のセラミック冠を装着した症例。




























【先生の所見】

反対唆合(軽度な受け口)と変色歯をセラミック冠を利用して正常唆合(切端唆合)に治した症例:上顎正中2本および下顎向かって左側犬歯(糸切り歯)






 Back