当院症例写真集 2008年・


HOMEへ 審美トップへ
症例@

◎先生の所見
反対咬合(受け口)の審美回復と上下顎骨の調和を図る目的で、上顎は前歯6本のセラミック冠ブリッジを装着し、下顎は前歯を含む8本のセラミック連結冠を装着した症例。これにより、下顎が引っ込み、正常なかみ合わせとなりました。

症例A



症例B


◎先生の所見
上顎前歯を含む9本の変色した差し歯や金属冠そして2歯の欠損部を審美回復する目的で、11本のセラミック冠ブリッジを装着した症例。

Copyright (C) 2005 Matsumaru・shika・kyoseishika・clinic. All Rights Reserved