さいたま市 アンチエイジング 歯科 松丸歯科
さいたま市 アンチエインジング 歯科 松丸歯科 〒339-0005 埼玉県さいたま市岩槻区東岩槻5-3-11
松丸歯科・矯正歯科・医院 日本抗加齢医学会専門医 歯学博士 松丸和郎
0120-06-4618(フリーダイヤル)


アンチエイジング
(抗加齢)医学とは、

なぜ?今 、
アンチエイジング

アンチエイジング
医学の基礎

アンチエイジング
医学の臨床

日本抗加齢医学会

専門医・指導士

メディカル・サプリメント

院長プロフィール 医院案内 アクセス・Map HOME topページ
当院の理事長、日本抗加齢医学会専門医 歯学博士 松丸和郎がアンチエイジングに取り組んでいます。
アンチエイジングにおける歯科の役割
よく噛むこと、よく噛めることの必要性
唾液の分泌を促進します。
唾液には、こんな効用があります。
1. 消化吸収を良くし、胃腸の負担を軽減します。肥満の防止にもなります。
2. 唾液に含まれる成分(リゾチウム、ラクトフェリン)によって、口の中に入った細菌ウイルスの働きを弱め身体を守ります。
3. 口の中を清潔に保ちます。むし歯、口臭の予防効果があります。
4. 老化防止、 噛むことで血液循環がよくなり、脳神経が刺激され脳の働きが活発になるなど、老化防止に効果があるといわれています。
5. 味覚、よく噛むことで、舌の味細胞を刺激、発達させ、脳の味覚中枢を刺激して食べ物をおいしく味わえます。
6. 唾液に含まれるペルオキシダーゼやカタラーゼなどの酵素が、発ガン物質の働きを抑制するといわれています。
脳を活性化させます。
噛むことで脳の血流を増加させ、脳を活性化し、アルツハイマーや脳血管障害の疾患を予防します。
噛むことは脳のアンチエイジングにとても役立っています

{脳血管障害疾患}
脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血、脳卒中

よく噛めることは、お口の健康が不可欠です。
健康な歯、正しいかみ合わせを維持する事です。

有害金属
特に問題になるのは水銀です。
有害金属の水銀は、歯科治療の詰め物の材料として多く用いられてきました。
中高年齢の方の口の中には詰め物としてよく見られるものです。
水銀などの有害金属が体内に増えると活性酸素が大量に発生し、さらに体の抗酸化力を大幅に下げてしまいます。
このことがガンをはじめ多くの病気のベースになり病的な老化の原因になると考えられています。
歯科に使用されてきた、金属には水銀以外にも有害金属として、スズ、ニッケル、パラジウムなどがあります。

又、金属にアレルギー症状を起こす方は、セラミック治療等の必要があります。

奥歯を全てセラミック(部分インレー・冠・ブリッジ)におきかえた症例

活性酵素
体内の「酸化ストレス度」と「抗酸化力」を測定してみませんか!
 当院では、アンチエイジングの一環として、体内の酸化ストレス度(体がさびる原因となる活性酸素により受けているダメージの程度。いわゆる、体のさび具合)と、抗酸化力(活性酸素を除去する力。
いわゆる、さびを止める力)を、短時間で簡単に測定できる装置“FRAS4”(活性酵素・フリーラジカル自動分析装置)を導入しました。

 近年、世界各地で活性酸素・フリーラジカルについての研究が進み、それらが増えすぎると老化の促進や病気をもたらすこと、そして過剰な活性酸素・フリーラジカルを消去するするために、抗酸化物質(ビタミンCやビタミンEなど)を摂り生活習慣を改善することの大切さが科学的に示されるようになりました。
実際の検査は、少量の血液を採取して、このFRAS4での分析測定により、20分位で、酸化ストレスと抗酸化力が数値で出ます。
*料 金
  酸化ストレス度測定 ¥3,000
  抗酸化測定      ¥3,000
  同時測定        ¥5,000
 酸化ストレスとは“生体の酸化反応と抗酸化反応のバランスが崩れ、酸化状態に傾き、生体が酸化的障害を起こすこと”です。
本テストは、生体内の活性酸素やフリーラジカルを直接計測するのではなく、それらにより生じた血中のヒドロペルオキシド(ROOH:活性酸素・フリーラジカルにより酸化反応を受けた脂質・たんぱく質・アミノ酸・核酸などの総称。酸化ストレス度のマーカー)濃度を呈色反応で計測し、生体内の酸化ストレス度の状態を総合的に評価するものです。
 生体の血漿には、活性酸素・フリーラジカルに対抗する抗酸化物質が多く存在します。
内因性抗酸化物質はアルブミン、トランスフェリン、セルロプラスミン、ビリルビン、尿酸、還元グルタチオンなどがあり、外因性抗酸化物質にはトコフェロール、カロテン、ユビキノン、アスコルビン酸、メチオニン、フラボノイド、ポリフェノールなどがあります。
本BAPテストでは、これらの血漿中抗酸化物質が活性酸素・フリーラジカルに電子を与え、酸化反応を止める還元能力を計測し、抗酸化力を評価するものです。


「吸うサプリメント」
日本抗加齢医学会専門医(当院 理事長 松丸 和郎)がお奨めします。

アンチエイジング・健康に効果があります。

ドイツでは医療機器としての認可を受け、多くの医療機関で治療に役立てています。
*料金 1回15分 \630 (初回のみ\1,050 チューブ代含む)
*当院スタッフにお申しつけください。


エアナジーの抗酸化効果

活性酸素を減らします。
 活性酸素はシミ、シワや病気、ストレス等で
 老化や身体のバランスを悪くします。

・善玉コレステロールを増やします。
 悪玉コレステロールを消去します。

エネルギーを増やします。
 基礎代謝を高め、脂肪燃焼を促進します。

・酸素活用能力を強化します。
 基礎代謝を高め、脂肪燃焼を促進します。

・二酸化炭素と乳酸を減少させます。
 疲れを癒し、身体全体をリフレッシュさせます。


エアナジーの抗酸化効果例

 ・花粉症で目・鼻・喉の痛みがなくなった
 ・喘息の症状がおさまり、呼吸が楽になった
 ・足腰の痛みが治まった。
 ・疲れ目がすっきりした 
 ・体脂肪が少しずつ減少し腹部周辺がスリムになった。
 ・便通が改善され、体重も減少中
 ・不眠が解消された。
 ・血液検査での貧血の数値が良好になった。
 ・高血圧の数値が下がってきた。
© Copyright 2006 matsumarushika All Rights Reserved.