金属アレルギー
金属アレルギー学会

通常、金属そのものは身体に対して無害なものですが、汗や唾液などの体液によってイオン化した金属が体内に取り込まれます。
取り込まれた金属イオンは体内のタンパク質と結合します。
このタンパク質と結合した物質を異常なものと認識した生体がアレルギー性をもつようになり、再び同じ金属が体内に入ってタンパク質と結合すると皮膚や粘膜を破壊することが金属アレルギーのメカニズムといわれています。

 当院の理事長 松丸和郎日本メタルフリー歯科学会認定医
 歯科金属アレルギー

現実問題として、歯科用合金を全く使用しない歯科治療は困難ですから、患者さんの体質に合わせた慎重な素材選択が必要になります。
セラミックはもっとも安全であり、チタンも安全性の高い材料です。
失われた歯を回復する場合には、
チタン製インプラント(人工歯根)とセラミックの人工歯冠が安全な選択といえます。

一般的に部分入れ歯やブリッジは金属を使用せざるを得ないのですが、ファイバーやジルコニアを使用したブリッジやプラスチックのツメを使用した部分入れ歯が開発されています。

 当院症例(セラミック冠)





 金属アレルギーの原因

口の中の金属の発症比率は少ないといわれるのですが、歯科用金属の場合には慢性的な症状が続いたり、明確な症状が出ないために金属の体内蓄積が進んで状態が悪化する危険性があります。
アマルガム(水銀)や保険の銀歯(ニッケル、コバルト、パラジウム)はアレルギーをおこしやすいのですが、金合金であっても、アレルギーを起こす可能性があります。

また、重度の歯周病や口内炎などでお口の中の炎症状態が慢性的に続いているような環境などでは金属がイオン化しやすいという報告もあります。
金属アレルギーが疑われる場合は、まず、ご自分のお口の中に金属が入っているかを確認し、その金属の種類を調べてもらい知っておくことが大切です。

今後歯科治療で金属を入れる可能性がある場合はその金属の種類がどのようなものかも聞いておくことが大切です。
最も安全性の高い素材はセラミックで、純チタンやチタンと金の合金も安全と考えられています。
 インプラントは純チタンのため安定していますが、特にイオンクリーニングしたインプラントは安心です。


 歯科用金属による症状(遅延型アレルギー反応)

歯科用金属などによる手足のかぶれ・シミ、シワ、肌荒れ、老化・痛み(ガルバニ電流)肩こり・ひざの痛み・頭痛・神経症状(水銀毒、重金属毒)・憂鬱・立ちくらみ・不定愁訴・自律神経失調・物忘れ・アトピー様症状・発癌等が挙げられます。

 金属アレルギーの治療

金属アレルギーの治療の中心は原因となっている金属の特定を行い、その原因金属を除去することです。

治療の第一ステップはアレルゲンとなっている金属を皮膚に接触させないようにすることです。
一般的にはチタン製、あるいは金や白金の含有量の高いのもが安全とされています。

次に第二ステップとして、歯の冠や詰め物を安全性の高いものに取り替える作業を行います。
これをノンメタル治療と呼びます。皮膚の症状に比べて、歯の詰め物や冠によるアレルギーは気が付きにくいのですが、健康障害を起こす危険性は高いと考えられています。
口腔内に多数の冠や詰め物が入っている場合には、検査を行っても原因(アレルゲン)の特定が困難な場合が多いの ですが、基本的に溶出度(イオン化傾向)の高い順に取り除きながら様子を見ていきます。
溶出度の高い金属とは、アマルガム、銀合金、ニッケル合金、金銀パラジウム合金などです。
特に噛み合っている上下の歯冠の金属の種類が異なる場合には磨耗や接触によるガルバニ電流の危険性が高くなりますから注意が必要です。

 
 
Copyright (C) 2005 Matsumaru・shika・kyoseishika・clinic. All Rights Reserved.