【院内感染防御システム】


蛇口及び治療器具全般から出る水が全て殺菌水(中性電解水pH6.4前後)
院内感染防御システムのご案内

当院では、患者様安心と信頼していたただける医療サービスの質向上を継続的に目指す目的で埼玉県では、初の歯科分野における世界標準規格であるISO9001:2015の認証を取得いたしました。
そして、その一環として院内感染予防対策に対しまして残留塩素補正消毒システム
「エピオスー02」(連続除菌治療システム)の導入を決定いたしました。
これは、蛇口及び治療器具全般から出る水が全て殺菌水(中性電解水pH6.4前後)となっており細菌・ウィルスを殺菌、不活化してしまい院内感染がおこらないシステムです。
そして、二重の安全性確保の為、定期的に
ビー・エム・エル(厚生労働大臣登録機関184号)にて水質検査を行う。
平成29年11月1日
 
細菌検査結果:一般細菌1ml中のコロニー(集落)数0
         
大腸菌不検出


の細菌検査と理化学検査の結果を合わせて、水道法の水質基準にも適合した安全な水(殺菌水)であるおすみつきもいただきました。
たとえ、うがいと間違えて飲んでしまったとしても体には何ら影響はありません。
最後にこの
残留塩素補正消毒システム「エピオス-02」(連続除菌治療システム)の導入にあたってはISOの審査にあたり、ISO認定委員より絶賛されたことを付け加えておきます。

又、この殺菌水の利用方法としまして
@口臭予防
A抜歯後の感染予防と治癒促進
Bインプラント・小手術後の感染予防と治癒促進
C口内炎予防、発症後の緩げと治癒促進
D歯肉炎、歯周病の予防、発症後の緩げと治癒促進
E風邪、インフルエンザその他ウィルス感染予防・緩げ
ただし、これは10秒〜30秒殺菌水を口腔内にとどめて、うがいを励行した場合に有効です。1日3回〜数回適宣行う(何回行ってもよい)
又、院内では殺菌水を併用したレーザー治療も新たな試みとして行っております。
上のことを期待して当院では実行しております。
殺菌水をお持ち帰りになりたい方は、申し出いただければボトルにいれて差し上げます。

           
 詳しくお知りになりたい方は
 こちらから

 
Copyright (C) 2005 Matsumaru・shika・kyoseishika・clinic. All Rights Reserved.